スマホ・ケータイに値段はつく?古いものでも売れる場合は?

iPhoneは高く売れる

一般的にスマホは数年で買い換えることが多いかと思いますが、2〜3年程度前の機種であれば比較的値段もつきやすいかと思います。特にiPhoneについては、少し前の機種についても高く売れることが多いとされます。

その理由としては最近SIMフリーと呼ばれる、キャリアに縛られないスマホの利用方法を用いる人が増えてきたことも一因であるかと思われます。SIMフリーの場合は端末と内部のSIMカードを別々に買い、自分で使用可能データのプランなどを柔軟に選べるのが特徴です。

そうしたことから、格安のデータプランを契約し、端末は最新のものではなく少し前の機種を中古で購入し節約するというパターンも多くみられることから、中古のスマホ端末には一定の買い手が存在しているのです。またスマホは型落ちしても十分に使用できる程度に高性能であるため、中古で構わないという人はたくさんいるものと考えられます。

ガラケーも意外と悪くない?

ここで一つ、高く売れるかもしれない意外なアイテムを紹介したいと思います。それはなんと旧式の携帯電話(ガラケー)です。そもそもガラケーが売れるの?と思われる方もおられるかもしれませんが、意外に高い値段がつく場合もあるのです。

以前古いものには愛好家やコレクターなどの買い手がつくというお話をしましたよね。ガラケーもそういったアイテムの一つとして、それを求めている顧客層というのが確かに存在しています。そのため、中古ガラケー市場が成立しているのです。

ただガラケーの場合、あくまでも高い値段がつくこともあるというだけであり、ある種「賭け」といえる部分があります。特に家電買取大手などからは買い叩かれたり値段がつかないこともあり得るので、ふさわしい中古市場を見つけるのに一手間かかるのが難点です。


この記事をシェアする